本文へスキップ

ブローネの泡カラーとテンスターのリタッチヘアカ ラーの併用

40代 白髪のことでお悩みなら白髪黒髪どっとこむ

www.shiraga-kurokami.com

試した白髪染め法1method1

過去に試した白髪染め方法 その1


一般的に、白髪は40歳前後から増えてくる人が多いようです。20代で白髪がある人もいますが、私の場合は30代前半までは、全く白髪はありませんでした。

私 は、30代後半から少しずつ白髪が出てきました。でも、本数はかなり少なかったので、白髪を見つけると毛抜きで抜くといった感じでした。白髪を抜くのは頭 皮に負担がかかり良くないと知り、それからは根元をはさみでカットするようにしました。白髪が生えてくるのは顔周りくらいでしたし、本数も少なかったの で、しばらくはこの方法で対処出来ていました。

40歳を過ぎると、頭の後ろなど、手が届きにくい部分にも白髪が生えてきました。本数は少 なかったのですが、自分でカットするのは大変だったので、定期的に美容院で染めてもらうようにしました。それまでも、美容院ではおしゃれ染め用のヘアカ ラーはしていましたが、白髪染め用のヘアカラーをしてもらうようにしました。

白髪はおしゃれ染めでは染まらず、白髪用のヘアカラーを使う必要があるので す。間隔としては3ヶ月から4か月に1回位でしょうか。白髪の数も少なく、目立つ場所にも生えていなかったので、そのくらいの間隔でも白髪は目立ちません でした。

40代後半になると、それまでよりも白髪の数、生える場所が増えてきました。目立つ部分の白髪は、染めたばかりの時は良いのです が、何日かたつと新しく生えてきた根元の白い部分が気になるようになりました。

それまでのように3〜4か月に1度染めるだけでは、白髪が目立つようになっ てきてしまったのです。かといって、頻繁に美容院で染めてもらうのはコストがかかります。そこで、市販の白髪染めヘアカラーを買ってき て、自分で染めるようになったのです。

私が使ってみたのは、ブローネの「泡カラー」、サロンドプロの「泡のヘアカラー」、シエロの「ムースカラー」です。 どれもドラッグストアやスーパー等で売っていて、手軽に手に入るものです。美容院で染めてもらうよりも、お値段もかなりお手頃です。

私は市販の白髪染めヘ アカラーで、1ヶ月に1度くらいの間隔で染めていました。そして、顔周りなど目立つ部分の白髪の根元には、テンスターの「リタッチヘアカラー」を使ってい ました。これは先端のメッシュヘッド部分から直接髪に液を塗って5分おき、その後シャンプーするというものです。トリートメント成分がベースになったヘア カラーで、徐々に髪が染まってくるタイプのものです。

ブローネの「泡カラー」などの白髪染めヘアカラーと、テンスターの「リタッチヘアカ ラー」の併用で、白髪は殆ど気にならなくなりました。ところが、しばらくすると髪の毛は艶がなくなりパサパサに、頭皮は軽い炎症を起こしてうっすらと赤く なってしまったのです。艶がなくパサついた髪の毛は老けて見えます。

また、このままこの方法を続けていると、頭皮の炎症がもっと酷くなってしまうのではな いかと心配になりました。やはりヘアカラーを頻繁に使うのは、髪にも頭皮にも負担が大き過ぎたのだと思います。


Best info.店舗情報

 試した白髪はこれ